光コラボ【エキサイト光】とは?評判やメリット・デメリット

エキサイト光アイキャッチ光回線
ぽろ
ぽろ

こんにちは、ぽろです。

光回線や格安SIMなどのインターネットサービスを提供している、BBエキサイト。今回は、BBエキサイトの光回線について簡単にまとめます。

エキサイト光(excite光)とは

エキサイト光とは、NTTフレッツ光回線を使用した光コラボレーション(光コラボ)を利用して、ポータルサイトなどを運営しているエキサイト株式会社が提供している光回線インターネットサービスです。

エキサイトでは、光回線・インターネット接続サービス・格安SIM・スマホなどを、手頃な価格で提供しているインターネットサービスプロバイダです。

 

インターネットを安くするなら【excite光】
業界最安水準の月額料金。
最低利用期間及び解約事務手数料なし。
シンプルな契約体系でわかりやすい。

 

月額料金

エキサイト光は業界最安水準の光インターネットサービスです。戸建て月額4,360円マンション月額3,360円は、調べてみたところ確かに業界でも最安水準でした。

しかもこの料金は、キャンペーンや割引が適用された金額ではなく通常の月額料金での価格設定となっています。

excite光 HPより

エキサイト光月額料金

  • 1 NTT東日本エリアにお住まいの場合にファミリータイプに該当する条件です。
    NTT西日本エリアにお住まいの場合は、戸建て住宅や6世帯未満のアパートやマンションにお住まいの方がファミリータイプに該当します。
  • ※レンタル機器ご利用の場合、別途以下の料金がかかります。
    • ・回線終端装置/VDSL宅内装置 0円/台
    • ・ホームゲートウェイ/ルータ(無線LAN機能無し)* 200円/台
    • ・ホームゲートウェイ/ルータ(無線LAN機能付き)* 300円/台
    • ・追加無線LANカード 100円/枚
    1. * 契約者の設備状況により、ホームゲートウェイではなくルータ機器のレンタルとなる場合があります。
      その場合においても、ホームゲートウェイと同額の利用料金がかかります。
  • ※料金は税抜金額を表示しています。別途消費税がかかります。

(2020年2月時の情報)

戸建て月額4,360円マンション月額3,360円は光回線では圧倒的な安さです。

 

初期費用

初期費用はフレッツ光からの転用もしくは、他社光コラボからの変更の場合は事務手数料が2,000円となります。

新規契約の場合は、戸建て・マンションタイプ共に事務手数料が1,000円のほか光回線を屋内に引き込む工事費が必要となり、戸建タイプで18,000円マンションは15,000円の工事費が掛かります。

新規契約では工事費込みで、戸建てが19,000円マンションは16,000円となっています。

excite光 HPより

エキサイト光初期費用

(2020年2月時の情報)

新規契約では工事費戸建タイプで18,000円マンションは15,000円必要となります。
他社ではキャンペーンなどで工事費を無料にしているところもありますね。

 

オプション料金

フレッツ光で利用しているオプションはエキサイト光に変えても継続利用することができます。

ただし、すべてのオプションや付加サービスがそっくりそのまま使えるというわけではないでの、ホームページやサポートなどで確認しましょう。

excite光 HPより

エキサイト光オプション

  • ※「ひかり電話」の一部プランおよびご利用可能な一部付加サービス・割引サービスは、「エキサイト光電話」ではご利用いただけない場合があります。
  • ※NTT東日本・NTT西日本より引き続きエキサイト光でもご利用いただけるオプションは、「ひかり電話」「リモートサポートサービス」「フレッツ・テレビ」「フレッツ・v6オプション」です。(一部プラン・付加サービスは除く)

(2020年2月時の情報)

フレッツからの転用でもオプションサービスは継続利用可能

 

最低利用期間

エキサイト光では、契約期間2年といった契約期間の制限がありません

他社によくある、契約期間2年で契約変更月(更新期間)といった縛りがないため、いつでも他社に変更したり解約したりすることが自由にできます。

 

解約事務手数料

エキサイト光には最低利用期間がないため、いつ解約しても解約手数料はかかりません。

解約は、解約受付フォームに必要事項を入力するだけ簡単にできます。接続機器などをレンタルしている場合は返却する必要があります。

 

エキサイト光は、最低利用期間・解約手数料がないためいつでもやめれる。

 

評判・評価

エキサイト光の評判には、やはり価格が安さには高評価が多いようです。

しかし、回線速度には不満のある意見が見られます。これは、エキサイト光がIPoE IPv6に非対応なため、回線が混雑する時間帯などには通信速度が低下してしまうためです。

IPoE IPv6とは、簡単にざっくり説明すると混雑の少ない回線に接続し速度低下を軽減する接続方式のことです。

通常のエキサイト光の回線では、IPoE IPv6に対応していないため速度が遅いという意見があるのですが、BBエキサイトではIPoE IPv6に対応したエキサイトMEC光もあります。

エキサイト光メリット

  • 料金が安い
  • 最低利用期間がない
  • 解約事務手数料がない

エキサイト光デメリット

  • IPoE IPv6に非対応
  • 支払い方法はクレジットカードのみ
  • スマホとのセット割がない

 

インターネットを安くするなら【excite光】
業界最安水準の月額料金。
最低利用期間及び解約事務手数料なし。
シンプルな契約体系でわかりやすい。

 

excite MEC光

エキサイトMEC光は、通信回線の混雑しやすい時間帯、夜間や週末でも安定した高速通信が可能にする次世代ネットワークIPv6 IPoEに対応した通信接続サービスです。

通常のエキサイト光では、戸建て月額4,360円マンション月額3,360円なのですが、エキサイトMEC光では、戸建て4,500円・マンション3,500円と少し高くなってしまいます。

また、ルーターもIPv6 IPoEに対応したルーターが必要になります。

しかし、これからはIPv6 IPoE接続が主流になっていくでしょうからこれを機にエキサイトMEC光にすほうが良いかもしれませんね。

 

【エキサイトMEC光】次世代のネットワーク(IPv6 IPoE)
次世代のネットワーク(IPv6 IPoE)を採用で、アクセスが集中する夜間や週末でも通信混雑の影響を受けにくく、安定した高速通信が可能。

まとめ

エキサイト光は月額料金が業界内でも最安水準なのですが、次世代ネットワークIPv6 IPoEに対応していないためm速度低下が起こりやすいのがネックですね。

今から、エキサイト光を選ぶならIPv6 IPoEに対応したエキサイトMEC光がいいでしょうね。

BBエキサイトでは、格安SIMの通信サービスも提供しています。

格安SIM【エキサイトモバイル】の評判は?メリット・デメリット
光回線や格安SIMなどのインターネットサービスを提供しているエキサイトモバイルの格安SIMプランについてメリット、デメリットや他にはないプラン内容などを解説します。

おすすめ光回線

NURO 光

NURO 光は「下り最大2Gpbs」の速さと「全てコミコミで月額4,743円」の安さが魅力の光ファイバー。

★NURO 光のポイント★
1.下り最大2Gbpsのインターネット
2.超高速無線LANと総合セキュリティサービスを無料提供
3.とにかく安い! 全部まとめて月額4,743円(税抜)~、お得なキャンペーンも実施中。

※NURO 光の提供エリアは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県です(一部エリアを除く)。

ソニーグループのインターネットプロバイダーSo-net(ソネット)。

200万人以上の会員を保有するSo-netは、
さまざまな通信事業者と連携し「光ファイバー」から「モバイル通信」まで
料金や地域、利用・住居形態に合わせた多彩なサービスを提供しています。

新規入会で月額無料やキャッシュバックなど大変お得な特典あり。

【利用可能エリア拡大中!auのインターネット回線 auひかり】

◇auスマートバリュー◇
auスマホを使っていれば月々のスマホ料金が割引に!

◇キャンペーンも充実◇
新規入会・他社から移転など
さまざな特典が多数あり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました