iOS App Storeでトロイの木馬感染アプリが発見されたようです。

iphone日常
ぽろ
ぽろ

iOS App Storeでトロイの木馬感染アプリが発見されたようです。

今回、発見されたアプリは17個のアプリだったようです。

Appleはセキュリティに強いって言われてるけど、

ネットにつながっているんだから、リスクはあるよね。

トロイの木馬が発見されたアプリ一覧

発見されたアプリは、AppAspectというインドのアプリ開発企業で開発されたアプリだそうです。

  1. RTO Vehide Information
  2. EMI Calculator&Loan Planner
  3. File Manager-Documents
  4. SmartGPS Speedometer
  5. CrickOne-Live Cricket Scores
  6. Daily Fitness-Yoga Poses
  7. FM Radio-Internet Radio
  8. My Train Info-IRCTC&PNR
  9. Around Me Place Finder
  10. Easy Contacts Backup Manager
  11. Ramadan Times 2019
  12. Restaurant Finder-Find Food
  13. BMI Calculator-BMR Calculator
  14. Dual Accounts
  15. Video Editor-Mute Video
  16. Islamic World-Qibla
  17. Smart Video Compressor

どれも知らないアプリばっかりで私が利用しているものはありませんでした。日本では使用している人はあまりいないという情報もあります。

これらのアプリはすでに、App Storeから削除されています。

 

トロイの木馬とは

トロイの木馬とはマルウェアと呼ばれる、不正かつ有害な動作を行う悪意のあるソフトウェアです。

トロイの木馬は表向きは有益で無害なプログラムに偽装されているのですが、実は攻撃対象となるデバイスに侵入した後に、攻撃を開始します。

スマートフォンの普及によりパソコンだけでなくスマートフォンもターゲットに活動できるもの多く存在し、被害が拡大しているマルウェアです。

マルウェアの80%以上がトロイの木馬と言われています。

 

トロイの木馬に感染するとどうなるのか?

今回、発見されたトロイの木馬をインストールすると、オンライン広告のヒット数を増幅させる可能性があるということだったので、不正な広告収入を得る目的で作られたっぽいですね。

一般的に言われているトロイに木馬に感染した場合のデバイスの挙動は

  • アプリやブラウザが頻繁に落ちる
  • 電池の減りが早くなる
  • 動作速度が遅くなる・動きが重い
  • カメラが勝手に起動する

などの症状が上げられます。ほかにも様々なおかしな挙動をするものがるので注意が必要です。

 

ウイルス感染アプリの対策

ウイルスに感染してしまうと自分だけでなく、他人にまで被害が及んでしまうことがあります。特に、会社などのシステムに感染してしまうと被害が大きなって責任問題なり、自分の人生設計がとんでもないことになります。そうならないためにも、ウイルス対策ソフトなどでしっかりと対策をしておきましょう。

 

 

すでに感染している疑いがある場合

動作が重い、電池の減りが異常に早くなったといった場合は注意が必要です。

既に、ウイルス感染の疑いがある場合は怪しいアプリをアンインストールしてウイルス対策ソフトなどで検索し駆除する必要があります。

場合によっては、システム自体をクリーンアップして復元するようなことも必要かもしれません。そうなると、今までのデータが消えてしまうなど大変なことになります。

 

感染しないための対策

無料だからと言ってむやみにダウンロード、インストールしない・ダウンロードする前に製作者・デベロッパーを検索して評価などを確かめる、など評価が悪いアプリは避けるようにして心がけましょう。

もちろん、ウイルス対策ソフトを導入するのも有効な手段です。

 

 

最後に

インターネットにつながっている以上は、〇〇なら安全といったことはありえません。また、どんなに対策しても完全にリスクを取り去ることはできません。

悪意あるソフトの制作者も、巧みに偽装して騙そうとしています。我々も無関心ではなく注意し知識をアップデートしていく必要があるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました